MENU

↓↓ビルベリーとルテインが両方、高配合で摂れるサプリ↓

 

アントシアニンとルテイン、二つの栄養素は両方摂ることの相乗効果って、すごい

 

アントシアニン、ルテインの成分が両方摂れるサプリを探しているなら

 

スマホを見る時間が多くなり、ブルーライトの影響が言われていますよね。
ブルーライトは波長が短く、目の奥の網膜に達してしまうことで視細胞を傷つける恐れがあると言われています。
そこでそのダメージを軽減させる事ができるのが、目の中に存在している「ルテイン」や「ゼアキサンチン」などの色素。
しかし、このルテインやゼアキサンチンは加齢とともに大幅に減少するため、ルテインやゼアキサンチンを積極的に摂り入れることが大切なんですね。

 

目にいいと言われているビルベリーエキスに含まれてる「アントシアニン」はポリフェノールの一種ですが、視覚のしくみを補う強い効果が知られています。
歳を取ってくると、目のしょぼしょぼ感かすみなどが出てきますが、これも視覚のしくみが衰えることによって出てきます。
このダメージを強力にサポートするのが「アントシアニン」」効果です。

 

ですので、ブルーベリーやビルベリー単体だけではブルーライトの害から目を守る効果はあまり期待できないことになってしまします。
もし、目のかすみ・ショボショボ感だけじゃなく、パソコンやスマホなどの目の酷使から、目を守りたいのなら、ぜひ、「ルテイン」や「ゼアキサンチン」を摂りたいですね。

 

 

そこで発売してまだわずか数ヶ月で話題沸騰しているのが、
めなり」です。
めなりはアントシアニン・ルテインともに業界最高クラスの配合量のサプリメントです。
通常のブルーベリーサプリでは、アントシアニンは多いけれど、ルテインは含まれていないか、もし含まれていてもごく微量でした。
でも「めなり」はアントシアニンが170mgルテインが12mgと 通常なら別々のサプリメントとして売られている量が2粒で摂取できるというすぐれものサプリなんです。

 

>>業界最高クラスのルテインとアントシアニン配合量 「めなり」 詳しくはこちら<<

 

 

ルテインとアントシアニンの役割の違いとは?

ブルーライトの影響から目を守ってくれる成分が「ルテイン」です。
ルテインは元々目の中の網膜や水晶体に多く含まれている色素成分で、このルテインがブルーライトや紫外線など目に有害な光のダメージを和らげることが知られています。
ですがルテインも40代から徐々に減り始めてしまう成分なので、食物やサプリで積極的に補っていく必要があります。
よく目の怖い症状として知られる「飛蚊症」ですが、この飛蚊症にもルテインが効果的だということも知られています。

 

更に、CMなどで「目にいい」サプリメントの成分として知られているのがブルーベリーやカシス、ビルベリーなどに多く含まれている「アントシアニン」ですよね。
アントシアニンの効果は視覚情報を脳に届ける際に働いている「ロドプシン」という細胞の再合成を助ける成分であるため、疲れ目やぼやけ目などに効果を発揮しまうす。
さらに眼精疲労に即効性がある事も知られているので、やはりこのアントシアニンはしっかり取っておきたいところです。
実際に今売られている目にいいサプリ、アイケアサプリと言われているものの多くは、「アントシアニン」や「ルテイン」が別々のサプリメントであることが多いです。
めなりはこの二つの有効な成分を二つ同時にしっかり取る事ができるのが、すごく効率がよくてお得なんですね。

 

 

>>めなり 公式サイトはこちら<<

主なブルーベリー(ビルベリー)サプリの成分比較

配合成分

ビルベリー

ルテイン・ゼアキサンチン

その他の目に良い成分

めなり(税込み3218円) 170mg ルテイン12mg・ゼアキサンチン2.4mg クロセチン他
えがおのブルーベリー(税込1728円) 160mg※吸収型 ?    ※ルテインサプリは別で販売 ヒスチジン・リジンなど
やわたのブルーベリー(税込2160円) 200mg ルテイン0.53mg βカロテン・カシスエキスなど
ファンケルのえんきん(税込2160円) 20mg ルテイン10mg アスタキサンチン他
ブルーベリーアイデラックス(税込1880円)

ビルベリー100mg
ナノビルベリー60mg

ルテインは含まれているが量は不明
※ルテインサプリは別で販売

アサイーなど
健康家族 ブルーベリー(税込1490円) ビルベリー100mg ルテイン0.695mg   アマニ油など

 

めなりは効率がいい

やはりルテインとアントシアニンが両方摂れるサプリメントは多くないようですね。
めなりにはルテインと一緒に摂ることで抗酸化力を約2倍に増やす事ができる、クロセチンも含まれてます。
総合的に目の健康を維持していくのに強い見方と言えそうです。

 

アイケアサプリとして今一番売れていると言われている、ファンケルの「えんきん」は、実は「ルテイン」がメインと言えるサプリなんです。
配合量を見ると、ビルベリーエキスが20mgに対し、ルテインが10mgと、ビルベリーは他のサプリと比べても1/5〜1/10程度しか配合されていませんので、よりルテインを多く配合して、40代以降にガクンと減ってしまうルテイン成分を補うサプリメントでしょうね。

 

ですが、ルテインの吸収率は、特許型ビルベリーを同時接種することで格段にアップすることが研究結果からわかっています。
その差はなんとルテイン単品で摂った時に比べて約179倍にもなります。
アントシアニンはもともと吸収率がとても悪い成分と言われていますから、「摂取量」はある程度しっかり配合されているものが良いとわかりますね。

 

めなりは、全方向でバランスの良いアイケアサプリなのです。

 

>>相乗効果で、ルテイン・ゼアキサンチンの抗酸化アップ! めなり 公式サイトはこちら<<

 

実際に「めなり」を飲んでみた感想

私自身、も目の健康が最近とても気になっていました。
私は44歳なのですが、ここ1〜2年で、急にパソコンの画面が見づらくなってきたのです。
ピントが合わせづらい。目がしょぼしょぼする。目が疲れやすい。目が乾く。視界がかすむなどです。

 

特にパソコンの画面を長時間見ることが多い仕事なので、目の疲れから来る肩こり、首こりも悪化していました。
さらに私は元々ひどい近視と乱視があり、若いころに網膜裂孔を起こしたり、レーシック手術をしたりしているので、できるだけ目の健康を長く保ちたいと思い、ルテインやアントシアニンの品質の良いサプリを探してたところ、「めなり」の評判をきいてさっそく注文してみたのです。

 

めなり 私のリアル口コミ


とにかく驚いたのが、「めなり」の効果をすぐに実感したことです。
最初、私は「めなり」を夜寝る前に飲んでいたのですが、「めなり」についていたパンフレットをよく読んでみると、「パソコンやテレビを長時間見る人は、朝・晩分けて3粒ずつ飲むと、アントシアニンが体内で長く働く」と書いてあるのを見つけました。

 

普通のサプリとはちがって、アントシアニンが体内で即効性を持って働くのでは?と思った私は、さっそくめなりを朝の食事後に飲むことにしました。
すると、仕事を開始してすぐに、文字のぼやけが全然違う事に気がついたんです!
サプリって即効性なんてないと思っていますが、北欧のブルーベリーはヨーロッパでは「医薬品原料」として使用されているので、効果は実証されているんですね。

 

さらに「めなり」には吸収率を高める「クロセチン」もしっかり配合されていますから、特に効果実感をすぐに得たい人にはぴったりのサプリだと思います。

 

めなりは、初回限定価格だと907円で試せるのも嬉しいですね。

 

>>めなり 公式サイトはこちら<<

更新履歴